牛乳本来の味を壊さない低温殺菌

パステライザー

調合されたベースを殺菌します。ここでは、
混ぜ合わせる⇒殺菌する⇒一気に冷却する
という工程を「パステライザー」という専用マシンを使い、殺菌は65℃までの低温保持殺菌を行っております。

低温保持殺菌

  殺菌にはいくつかの方法がありますが、リスの森では原材料の網走牛乳と同じ「低温保持殺菌」を行っております。高温での殺菌に比べ時間はかかりますが、牛乳そのままの美味しさを守るため、こういった手法を選んでいます。

低温保持殺菌
低温保持殺菌 = 63℃以上で30分間
高温に比べ時間がかかるが牛乳そのものの風味を大切にするため、網走牛乳と同じ方法で行っています。
高温短時間殺菌 = 72~78℃で15秒  
超高温に比べ、耐熱性の菌が全て殺菌されず一部残存するため保存期間は短めだが、牛乳本来の風味を損ないにくい。
超高温瞬間殺菌 = 120~135℃で1~3秒間
耐熱性の菌もほとんどが死滅するため保存期間も長め。
日本の牛乳の多くはこの方法
出来上がったベースは、12時間以上寝かせてから使う工程のため、1日に作れる量は必然的に決まってしまうのです。